top of page
  • 執筆者の写真Naomi

サウナで学ぶなりたい自分

更新日:7月5日

最近、初めていくスパに行ってきた。

サウナーまではいかないけど、定期的に体の疲れを解放しに行っている。


この日は平日の中途半端な時間帯ということもあって、割と空いていた。

広めのサウナに入って暑さに耐えていると、一人の女性が私のめちゃくちゃ近くに座ってきた。


めちゃくちゃ空いてるのにわざわざ肌が触れ合うくらいの近さに座ってきたので私も思わず

えっっと声を出してしまった。

そうするとその女性は「ごめんなさい」と言ってそのまま座り続けた。


…なんのごめんなさいなのだろうか笑

結局私は場所を移動した。


なんだったんだろうと思いながら、自分のペースでサウナ、水風呂、外気浴を楽しんだ。

何回か繰り返す中で気がついた。

私が最初に座った場所はその人の定位置だったのだ。


だからか!!!

…いやいや待て待て。

同じお金を払っているのにおかしいだろ。

とは思ったものの、まあ私もそこに絶対座りたい訳でもないし、別にいっかとモヤモヤを水に流して過ごしいていた。


しばらくするとその女性は他の女性となにやら話しているの。


最近はサウナの利用者が増えてマナーが悪い。

特に土日なんて酷いはよ。

なんとかしてもらわないとね。


サウナブームなので人が増えてマナーが守られないことも実際にあったのだろう。

そのことに対して、迷惑を被ったのだろう。


……でもでもあなた達サウナの扉開けながら長々話してますやん。

出るか入るかどっちかにしてー!!

ついでにサウナの中で結構な声量で話してるのボリューム下げてー!!


私の心の叫びが心の中で炸裂しました。


人の振り見て我が振りなおせではないですが常連すぎて自分がしていることより、他の利用者の振る舞いが気になってしまうのでしょう。


当時は、なんだかなーと思っていましたが振り返ると、これって場所は違えど、きっと自分もっやってるこあるんだろうなと。


慣れている場所や、人に対して自分の勝手な解釈や慣れているからこそ狭くなってしまった視野で気が付かないうちに周り迷惑をかけてしまっていることがあるだろう。


例えば同じヨガスタジオでもスタジオづつにルールはあるし、自分のレッスンの受け方もティーチングしてくれるインストラクターの人にはやりづらいかもしれない。


逆も然り。

レッスンを受けてくれる方に対して、こうした方がいいだろうか普通はこうだろうなとか思っても全然見当違いのことをしていたり。


慣れることでも大切だし、自分の居心地のいい環境を作ることも大切だけど、勝手にルールを作ってはいけないし、俯瞰して自分の行動を見ることって大切。


あの女性たちも悪気はなかったのだろう。

その施設のマナー向上を心から願っているだけだと思う。


ただ自分たちの行動は振り返ることはできなかった。そこが問題。

そこに気づけるかは難しい事なのかもしれない。自分のことなら尚更。


でも私気が付ける大人になりたいな。


ちょうど30代。

いい感じに自分のことっもわかって来たし、俯瞰して自分も他人も見れるようにうもなってきた。

ヨガのおかげもあるけど。

今のうちからこの感覚をもっともっと鍛えていきたい。

狭くになる視野も無理くりにでも広げていたい。

自分のことにも気が付ける大人になりたいと強く思った、平日の昼下がり。


なおみ





閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page